2013年10月08日

人体におけるフコイダンの働き

フコイダンはその種類によって体内での働きが異なります。

効果として期待できるのは食物繊維、抗酸化作用、ヘリコバクターピロリ菌の抑制などです。

フコイダンは成分の分類としては、難消化性の多糖類に分類されます。ガゴメ海藻のフコイダンは肝細胞増殖因子(HGF)の分泌を高める為、癌に対する効果も期待できると報告されました。

難消化性の多糖類はコレステロールの吸収を体内で押し下げるので、血液中のコレステロールの上昇を抑制し、生活習慣病の予防になります。また消化器内に寄生したヘリコバクターピロリ菌の働きも抑制します。
フコイダンの効能

フコイダンの食物摂取を考えるときに「海藻をたくさん食べよう」と安易に考えてはいけません。

海草にはヨウ素も含まれています。ヨウ素は余分に摂取しすぎると、甲状腺の異常を引き起こす可能性があります。
posted by フコイダン at 15:07| フコイダンの効能

フコイダンとは

フコイダンは海草のヌメリ成分で多糖類の一種です。

フコースと呼ばれる糖が基礎で、マンノースとキシロースのような糖分、硫酸、ウロン酸などによって構成されます。

海草が割れ目などからバクテリアの侵入を防いだために、それはこの複雑な分子構造を備えた滑りやすいフコイダンによって考慮されます。

フコイダンは分子の大きな糖だったので、発見は20世紀の初めに行なわれましたが、それまではずっと分離することができませんでした。

昨今、研究開発により分離技術が進歩したので、この日のような抽出は可能になりました。その結果人気がでましたた。

フコイダンは、さらに海草の中で褐藻と呼ばれる茶色の藻類に含まれています。

褐藻にはモズク海草、沖縄モズク海草、ヒヴァ・マタ、ワカメ(メカブ)、海藻などがあります。それぞれにフコイダンは含まれていますが、種類は異なります。

フコイダンにはいくつかの種類がありますが、その中で3種類のU、GおよびFに関しては、たくさんの解説が行われています。

コンブフコイダンには、このU、G、Fおよび3種類が含まれています。

メカブおよびモズク海草にもフコイダンがありますが、U、GおよびFは含まれていません。
posted by フコイダン at 14:43| Comment(0) | フコイダンの効能

フコイダンの効能

フコイダンは本当に癌に効くのか?

このブログでは日々調査した結果を好評していきます。
posted by フコイダン at 13:00| Comment(0) | フコイダンの効能